タイヤブログ

タイヤの紹介と寸評

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッドレスタイヤ

未分類

北海道など雪の多いところでは必需品とも言えるスタッドレスタイヤ。
Wikipediaによると次のような説明があります。
 スタッドレスタイヤ(英:studless tire)とは、自動車が積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種である。積雪路や凍結路の摩擦係数が低い路面で、普通のタイヤに比して駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がされている。従来のスパイクタイヤとの対比で、スタッド(スパイク)のないタイヤであることから、このように呼ばれている。スパイクタイヤの問題点を克服し、旧来のスノータイヤをスパイクなしでも問題なく運用できる性能とすべく開発された。
一般的な略称はスタッドレス。また豪雪地域を中心に冬季以外に使用する普通のタイヤを夏タイヤ、スタッドレスタイヤを冬タイヤと呼ぶ。なおスタッドという略称を用いる地方もあるが、上記の通りスタッドは鋲の意味であり、それのないタイヤがスタッドレスタイヤであることから、字義的には矛盾している点に注意を要する。

以上ですが、要するにスパイクタイヤは道路をすこしずつ削っていきますから粉塵公害にもなりますし、道路の補修にもコストがかかることになりますから、スタッドレスタイヤは大きなメリットがあるということになります。
 スタッドレスタイヤの寿命ってどれくらいでしょうか。それには、溝をみるのが一番です。溝が半分くらいまで減っていると交換の時期でしょう。
長持ちするにはタイヤに無理をさせる運転を避けることが大事ですし、付着したゴミなどを取り除くことも必要ですね。それと直射日光を避けることも大切ですね。タイヤのゴムを固くしないように気をつけましょう。

 他にスタッドレスタイヤについてはタイヤWebサイトにわかりやすい説明がありましたのでこれも紹介しましょう。以下の通りです。

 スタッドレスタイヤは近年基本性能の高さが際立ちます。これは各タイヤメーカーが、最新技術を導入した高性能スタッドレスタイヤを投入している為かと。



 特に最新スタッドレスタイヤは、氷雪路での安全性能は当然のこと、ドライ路面や融雪等によるウェット路面でも走行性能の高さを誇り、あらゆる冬の路面に対処するオールラウンド性能が特徴と言えます。
 例えば、スタッドレスタイヤの高性能化を最大限訴えるのは氷上性能です。アイス路面では効きに対する評価が高性能タイヤへ直結しますので、近年はこの追求は欠かせません。



 また、暖冬傾向なら降雪量は減り、たとえ雪国でも全くのドライ路面での走行が多いということさえあります。それにより、スタッドレスタイヤにも夏タイヤ並の快適性能を併せ持つことが求められています。
 このようなタイヤ市場の環境変化を察知し、そこから発生するニーズに応えようとするタイヤメーカーの動きが、高性能スタッドレスタイヤの発売へ繋がっていると考えられます。



 そして、今後は夏タイヤの低燃費タイヤに見られるよう省燃費対応が、スタッドレスタイヤにも求められるはずです。既に新製品ではその主張は多くで見られており、追求は進むはずです。
 但し、スタッドレスタイヤの基本性能と転がり抵抗の低減は正に相反する性能。よって、相当の技術の進歩が必要となること想像できます。その点で超えるべきハードルは高い。



 でも、低燃費対応タイプが次期スタッドレスタイヤの主流になることは、容易に想像できることです。
 

以上ですがほんとにわかりやすい説明だと思います。

タイヤ商品一覧なら下の絵をクリック

スポンサーサイト

Comments







« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

クーニークーニー

Author:クーニークーニー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。